古美術やかたの口コミや評判

公開日:2022/11/01   最終更新日:2023/06/20

古美術やかたの画像

古美術やかた
住所:京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地
TEL:075-533-1956
営業時間:11:00~18:00
定休日:月・火

処分を考えている骨董品の査定を受けたいと考えている人は、古美術やかたに査定を依頼してみましょう。古美術やかたは、日本一歴史のある骨董街で商品を販売している老舗骨董店です。買取商品と販売商品をホームページから確認できるので、興味がある人は確認してみてください。古美術やかたの特徴を見ていきましょう。

日本一歴史のある骨董街で販売しているから高額買取できる

古美術やかたは、京都祇園に店を構えています。日本文化を生んできた京都祇園の思いをしっかりと受け継いでいます

日本一歴史のある京都祇園骨董街にある

歴史的保全地区に指定されている古美術やかたは、およそ80店舗ある古美術骨董商のうちの1店です。京都は日本一の歴史を誇っている場所です。そこで事業を営むことができていることに誇りを感じています。

老舗骨董店だから高い価値を付けられる

日本の顧客のみならず海外の顧客にも愛されているのが古美術やかたです。1日100名近くが来店し、思い思いに店内の商品を眺めています。店内には2,000点を超える商品が展示販売されているので、骨董品に興味がある人、美術館関係者、博物館関係者に愛されています。

愛好家やコレクターの人は、常に新しい品物を待ち望んでいます。自宅で眠っている品物があれば、古美術やかたの査定を受けてみましょう。

顧客に納得してもらえるように行動している

ホームページや店頭で販売価格を提示しているので、それを参考にして査定を受けてみましょう。価格が表示されているので安心してサービスを利用できます。正直に誠実に商売していることが分かります。

販売商品はホームページから確認できる

販売している商品は2,000点を超えます。ジャンル別に紹介すると、まず、骨董品などがあります。茶道具や美術品なども含みます。次に、古陶器もあります。そのほかにも、金工作品や絵画などがあります。詳細はホームページから確認できます。

買取商品一覧はホームページから確認できる

美術品は、文化芸術の中心である京都の古美術やかたに査定を依頼しましょう。骨董品は、中国美術のみならず甲冑や刀装類なども取り扱っています。

茶道具は、表千家や裏千家の直弟子も来店しています。多くの専門家に支持を得ています。そのほかにも、兜、日本画、洋画なども取り扱っています。詳細はホームページから確認できます。

やかたの買取へのこだわりと工夫

古美術やかたは、買取と販売の両方に携わっている珍しい店です。そのため、卸売市場を間に挟んでいません。そのぶん売却した品物に高い価値を付けることができます。そのように顧客に利益を還元しています。

直接小売りしている

古美術やかたは、顧客から買い取った品物を実店舗やホームページで直接小売りしています。そのため、高い価値を顧客に付けることができています。

多くの買取専門店などでは、顧客から買い取った品物をオークションなどの卸売市場などに流通させ、卸売市場から小売店に流通させています。そのぶん、流通させるためのコストがかかるため、顧客に高い価値を付けることが難しくなっています。

古美術やかたは、買取と販売の両方に携わっているので、品物を売却する顧客にも利益を分け与えたいと考えているうえ、商品を購入する顧客にも利益を分け与えたいと考えています。両者の気持ちが分かるのが古美術やかたです。会社の利益だけを考えていないところに魅力を感じます。

遠方からでも一品からでも取引は可能

北海道から九州まで査定を実施しています。見積もりのときに発生する費用は無料です。1点から気軽に申し込んでみましょう。

相続や贈与の評価価格査定は有償サービス

品物の数にかかわらず、1品からでも取引は可能です。見積もりの依頼はいつでも受け付けています。その際に発生する費用は無料です。この際の費用とは、見積もり、買取、出張費のことを指します。なお、相続や贈与の評価価格査定は有償サービスとなっているので注意しましょう。

また、秘密は厳守します。顧客との信頼関係の構築に努めているので、安心してサービスを利用してください。古美術やかたは、美術愛好家や博物館関係者などからたくさんの支持を得ています。面白みがある店として有名です。気軽に来店してください。

北海道から九州まで対応している

処分を考えている顧客のもとに駆け付けるサービスをしています。北海道から九州まで対応しています。査定を受けたいけれど京都の店舗まで足を運ぶのが難しいという人は、気軽に申し込んでください。

なお、ホームページに掲載している商品はまだほんの僅かです。写真に写りきらない品物の数々が来店者を迎え入れています。2,000点以上の商品を販売しているので、購入目的ではない人も楽しめることでしょう。

おすすめの美術品買取業者はこちら

まとめ

日本のみならず世界各国からも顧客が訪れる古美術やかたは、2,000点を超える商品を販売しています。また、買取のみならず販売も行っている珍しい店です。それゆえに、コレクターや愛好家のニーズを熟知し、きめ細やかなサービスを提供できています。

古美術やかたの商品はホームページから確認できるので、どのような品物がいくらくらいで買取されているのかをあらかじめ知ることもできます。古美術やかたのサービスを利用してみましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

金や銀の買取価格は、純度で決まります。主な金銀製品は、有名ブランドのアクセサリーや記念硬貨、銀製の美術品や骨董品などです。もちろん高額買取が可能なものもあるため、買取店を厳選することが大切。

続きを読む

彫刻作品の価値はその独自性と芸術的な要因に基づいています。作家の名声、作品の状態、材料の価値、テーマ性などが重要です。本記事では、どのような彫刻作品が高く売れるかに焦点を当て、買取時のポイン

続きを読む

陶磁器は、日本の骨董品市場において高い人気を誇る美術品のひとつ。しかし、どんな陶磁器でも高く売れるわけではなく、高値で売るには知識とコツが必要です。作家や状態に注目し、適切な売却先を選ばなけ

続きを読む

茶道具は、茶道をたしなむための道具であるとともに、美術品の一環としても高い評価を受けています。そのため、正しい知識と方法で売却すれば、意外なほどの高値がつくこともあるでしょう。この記事では、

続きを読む

骨董品は、歴史や文化を感じさせ、ロマンにあふれています。しかし、その価値を維持し、高値で売却するには知識が必要です。昔の材質でつくられた骨董品は痛みやすく、価値が落ちやすくなっています。この

続きを読む

絵画を買取する場合、「作者名」が重要な点となりますが、そのほかにも絵画の保存状態が買取の価格を左右されると言われます。絵画は材質や絵の具などのいろいろな要素でどうしても傷みやすくなってしまう

続きを読む

掛軸は、昔から日本で親しまれてきたものです。「実家に帰ると掛軸が飾ってあったりする」というご家庭もあるのではないでしょうか。ですが、掛軸が昔から存在しているのは知っていても、その価値や種類、

続きを読む

絵画の売却には税金がかかることはご存知でしょうか。絵画は投資などの目的で購入される場合もあります。しかし、税金のことを知らずに売却や投資をすると後になってから税金を払うことになります。売却に

続きを読む

骨董品の価値を出すためには、美術品に関する知識やその価値を見分ける鑑識眼が必要です。その為、一般の人が骨董品の価値を判断することは非常に難しいといえるでしょう。 ここでは骨董品の簡単な相場を

続きを読む

日本刀の所有は登録制です。先祖から継承した日本刀を持て余し、買取を考える人も多いでしょう。日本刀の買取は他の物品と違って特殊なのかな、と疑問に思いませんか。所有する日本刀に関して、相続時に説

続きを読む