古美術 国立堂の口コミや評判

公開日:2023/01/15   最終更新日:2023/06/20

古美術 国立堂の画像
古美術 国立堂(株式会社国立堂)
住所:東京都国立市東2-2-15 国立堂ビル1F
TEL:0120-182-644
時間:10:00~18:00
定休日:水曜日・祝日

古美術 国立堂は、50年以上の歴史を誇る東京都国立市の美術・骨董品の買取店です。東京都を中心に幅広いエリアで、豊富な取り扱い品目の買取を扱い、美術品の価値を発見するサポートを行っています。ここでは、古美術 国立堂の特徴を解説します。買取を検討している美術品がある人は、ぜひ参考にしてください。

創業50年以上の歴史を持つ国立堂

国立堂は昭和44年創業以来、50年以上の歴史を誇る老舗です。現店主と父の親子2代にわたって営業してきました。

豊富な実績と高い信頼性

年間300件・1万点以上の豊富な買取実績を誇り、現在は店主本人が鑑定を行っています。店主はテレビ番組などにも鑑定士として出演しており、実績・信頼ともに申し分ないと考えてよいでしょう。

秘密厳守

買取は秘密厳守で行います。そのため、遺品整理などのデリケートな依頼でも安心して相談可能です。

幅広い買取エリアが魅力

国立堂は東京都に店舗を構えているものの、広いエリアからの買取を行っています。ここでは、国立堂の買取エリアについて解説します。

具体的な買取対象エリア

国立堂の買取エリアは、店舗のある東京を中心に関東とその近隣県が対象です。静岡県や福島県などの一部エリアも対象となっています。お住まいのエリアが国立堂の買取エリアに当てはまるかどうか分からない場合は、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

出張買取も可能!

幅広いエリアを対象に買取が行える理由は、出張買取を取り扱っていることにあります。出張買取には、重いものや大量の品を利用者が持ち運ぶ必要がないというメリットがあります。くわえて、運搬中に貴重な骨董・美術品を破損する心配もなく、比較的気軽に査定の依頼が可能です。出張や査定の料金・査定後のキャンセル料は無料となっており、安心して相談できます。

また、買取対象となっている関東エリア以外でも出張買取が利用できる可能性があります。利用者自身が関東付近在住でも、地方にある実家などの整理を行いたい場合などには便利です。気になる場合は電話・メールで問い合わせてみましょう。

買取の流れは?

国立堂に買取を依頼したい場合、電話もしくはWeb上のフォームで問い合わせのうえ、出張もしくは来店の予約を入れます。予約の当日、査定を行った後、説明のうえで査定額が提示されます。説明の内容や査定額に納得がいけば買取成立となり、納得がいかなければそのまま買取のキャンセルが可能です。買取が成立した場合、支払いは現金で支払われます。来店での買取も出張買取も、基本的な流れは同じです。

さまざまな買取品目に対応している

買取エリアだけでなく、買取品目も幅広いのが国立堂の魅力です。査定・買取を検討中であれば、参考にしてください。

古美術品

国立堂では、洋の東西を問わずさまざまな古美術品を取り扱っています。絵画では、日本人作家による日本画や洋画、掛軸、ビュッフェ・シャガール・ピカソといった西洋画などの取り扱い実績があります。くわえて、中国の美術品としておなじみの陶磁器も取り扱いが豊富です。

中国のものでは古代から唐・宋・元・明などの年代の品があります。中国以外にも、北大路魯山人などに代表される日本の陶磁器や西洋アンティークなども買取対象です。また、中国の仏像や、日本の茶道具・刀剣・甲冑といった品も幅広く取り扱っています。

現代美術の取り扱いも

国立堂では、古美術品以外にも現代美術品についても取り扱いが可能です。取り扱い実績のある作家としては、草間彌生・奈良美智・村上隆などといった、国内外を問わず評価の高い作家が挙げられます。

美術品以外の骨董品買取

著名な美術品以外にも、骨董品と呼ばれる品目はあります。レアなおもちゃや古い家具なども骨董品の一種です。一般人には価値の判断が難しいコイン・切手などのコレクションも、プロが査定することで価値が見出される場合もあります。

買取品目は問い合わせを

上記で紹介した品目・作家以外にも買い取れる可能性があります。店舗のWebサイトなどでも買取品目が紹介されているものの、紹介事例はあくまでほんの一部とのことです。実際に手元の品を買い取れるかどうかは、国立堂に問い合わせるとよいでしょう。

また、買取品目が幅広いので、さまざまな種類の品も一度に査定を依頼できます。コレクションの整理だけでなく、全般的な持ち物の整理なども国立堂だけで見てもらえる可能性があるので、それぞれに合った業者を探す必要もありません。手間をかけず、多種類の品の査定を依頼したい場合にも、相談してみる価値があるでしょう。

おすすめの美術品買取業者はこちら

まとめ

国立堂の特徴は、歴史ある買取店としての高い信頼性と、買取エリア・買取品目の幅広さです。買取エリアは関東付近となっていますが、関東以外の他地域で買取を検討している場合も出張買取が可能な場合があるので、必要があれば確認するとよいでしょう。また、出張・査定は無料となっています。買い取ってもらえるか不安な品も買取が可能な場合もあります。自宅や実家に眠っている品の査定をしたい場合は、一度国立堂に問い合わせしてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

金や銀の買取価格は、純度で決まります。主な金銀製品は、有名ブランドのアクセサリーや記念硬貨、銀製の美術品や骨董品などです。もちろん高額買取が可能なものもあるため、買取店を厳選することが大切。

続きを読む

彫刻作品の価値はその独自性と芸術的な要因に基づいています。作家の名声、作品の状態、材料の価値、テーマ性などが重要です。本記事では、どのような彫刻作品が高く売れるかに焦点を当て、買取時のポイン

続きを読む

陶磁器は、日本の骨董品市場において高い人気を誇る美術品のひとつ。しかし、どんな陶磁器でも高く売れるわけではなく、高値で売るには知識とコツが必要です。作家や状態に注目し、適切な売却先を選ばなけ

続きを読む

茶道具は、茶道をたしなむための道具であるとともに、美術品の一環としても高い評価を受けています。そのため、正しい知識と方法で売却すれば、意外なほどの高値がつくこともあるでしょう。この記事では、

続きを読む

骨董品は、歴史や文化を感じさせ、ロマンにあふれています。しかし、その価値を維持し、高値で売却するには知識が必要です。昔の材質でつくられた骨董品は痛みやすく、価値が落ちやすくなっています。この

続きを読む

絵画を買取する場合、「作者名」が重要な点となりますが、そのほかにも絵画の保存状態が買取の価格を左右されると言われます。絵画は材質や絵の具などのいろいろな要素でどうしても傷みやすくなってしまう

続きを読む

掛軸は、昔から日本で親しまれてきたものです。「実家に帰ると掛軸が飾ってあったりする」というご家庭もあるのではないでしょうか。ですが、掛軸が昔から存在しているのは知っていても、その価値や種類、

続きを読む

絵画の売却には税金がかかることはご存知でしょうか。絵画は投資などの目的で購入される場合もあります。しかし、税金のことを知らずに売却や投資をすると後になってから税金を払うことになります。売却に

続きを読む

骨董品の価値を出すためには、美術品に関する知識やその価値を見分ける鑑識眼が必要です。その為、一般の人が骨董品の価値を判断することは非常に難しいといえるでしょう。 ここでは骨董品の簡単な相場を

続きを読む

日本刀の所有は登録制です。先祖から継承した日本刀を持て余し、買取を考える人も多いでしょう。日本刀の買取は他の物品と違って特殊なのかな、と疑問に思いませんか。所有する日本刀に関して、相続時に説

続きを読む