掛け軸の買取相場とは?価値を見極めて最適な取引を行うコツをご紹介

公開日:2024/05/15   最終更新日:2024/05/08

!

掛け軸の価値を正確に見極めるためには、買取相場を把握することが重要です。この記事では、掛け軸の買取相場の見極め方と、最適な取引を行うためのコツをご紹介します。買取相場の把握は、売り手にとって適正な価格を見極める助けとなるでしょう。掛け軸の売却を検討している方は、本文をご覧ください。

掛け軸とは?

掛け軸とは、日本の伝統的な美術品であり、床の間や和室などに飾られるのを見たことがある方もいるでしょう。

その優美な姿や古来からの伝統を通じて、掛け軸は日本の文化や美意識を象徴する存在といえます。ここでは、掛け軸の定義や種類などについて解説しましょう。

掛け軸の定義

掛け軸とは、書画を布や紙で表装して竹木などの軸をつけ、壁に掛けるように仕立てたものを指します。

その起源は古く、日本の文化や美術史に深く根付いているのです。縦長のものを縦軸、横長のものを横軸と呼び、床の間や書斎などで鑑賞されています。

掛け軸の種類と特徴

掛け軸にはさまざまな種類があります。

本紙は表装される作品自体を指し、一文字は質の高い裂地を使って本紙の上下につけられるものです。ほかにも中回しや天地、風帯、細見など、掛け軸の構造や装飾に関連する用語が存在します。それぞれの種類には特徴があり、美意識や装飾の要素が異なるのです。

掛け軸の重要性と役割

掛け軸は単なる装飾品にとどまらず、古来から魔よけや運気の呼び込みといった役割も担ってきました。

床の間や和室に掛けられることで、その空間に風雅さや気品を与え、居住者や来客に落ち着きや美意識を感じさせます。また、掛け軸には季節や行事に応じたものがあり、その変化を通じて生活に彩りを添えるのです。

掛け軸の買取相場

掛け軸は、美術品の中でも高い評価を受けることがありますが、その価値は作家や時代、状態によって大きく異なります。

ここでは、掛け軸の買取相場を具体的な品と金額と共に探ってみましょう。

掛け軸の価値が決まる要素

掛け軸の価値はさまざまな要素によって決まります。

まず重要なのは作家や画家が誰かという点です。有名な作家や画家による作品は一般的に価値が高くなります。また、作品の内容や表現力も重要です。さらに、掛け軸の保存状態も価値に影響するのです。

良好な保存状態であれば価値が上がりますが、汚れや傷があると価値が低くなります。需要も重要な要素であり、希少性の高い作品は需要が高まるのです。これらの要素を考慮して、掛け軸の価値を見極めなくてはなりません。

有名作家の掛け軸

掛け軸の価値は、作品を手掛けた有名な作家によって大きく左右されます。

たとえば、伊藤若冲や斉白石といった著名な画家の作品は高額で取引されるのです。伊藤若冲の「伏見人形図」は、過去に110万円以上で買取された実績があります。また、斉白石の動物画も35万円で取引されたことがあるのです。

そのほかの掛け軸の価値

有名作家の作品以外にも、掛け軸の買取相場はさまざまな要素によって決まります。

作品の内容や美術的価値、保存状態などがその要素に含まれるのです。たとえば、河鍋暁斎の「狂言の図」は約20万円、川合玉堂の「東方朔」は約6万円という買取価格が記録されています。これらの価格は、作品の魅力や希少性、そして需要と供給のバランスによって決まるのです。

掛け軸の高値買取を目指すコツ

掛け軸を売却する際、高値で買い取ってもらうためにはいくつかのコツがあります。

ここでは、掛け軸を高値で買取してもらうための方法について解説していきます。

1. 品物の特徴を理解する

まずは自身が持っている掛け軸の特徴を理解することが重要です。

作家や作品の背景、保存状態、付属品の有無などを把握しましょう。これにより、査定時に必要な情報を提供することができます。

2. 複数の買取業者に査定を依頼する

掛け軸を高値で買い取ってもらうためには、複数の買取業者に査定を依頼することが重要です。

異なる業者に査定してもらうことで、適正な価格を知ることができます。また、査定額を競合させることで買取価格を引き上げることも可能です。

3. 付属品の整備と提供

掛け軸を高値で買い取ってもらうためには、付属品の整備と提供も重要です。

共箱や鑑定書などの付属品がある場合は、査定時に一緒に提出することで査定額がアップすることがあります。

4. 保存状態の管理

掛け軸の保存状態も査定額に影響を与えます。

シミや汚れがある場合は査定額が下がることがありますので、事前に掃除や手入れを行い、できるだけ良好な状態を維持するようにしましょう。

5. 適切なタイミングで売却する

掛け軸を高値で買い取ってもらうためには、適切なタイミングで売却することも重要です。

市場の需要や作品の評価が変動することがありますので、査定価格を確認しながら最適な売却時期を見極めることが大切です。

まとめ

掛け軸は日本の美術品であり、買取相場や高値買取のコツを理解することが重要です。買取相場を把握し、作家や保存状態、需要に応じて適切な業者を選び、付属品の整備や保存状態の確認も欠かせません。また、査定時には複数の業者に依頼することで比較し、最適な買取価格を得ることができます。その上で、売却のタイミングや交渉の技術も重要です。これらのポイントを押さえれば、掛け軸の高値買取を実現することができます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

掛け軸の価値を正確に見極めるためには、買取相場を把握することが重要です。この記事では、掛け軸の買取相場の見極め方と、最適な取引を行うためのコツをご紹介します。買取相場の把握は、売り手にとって

続きを読む

日本画の買取相場は作品の種類や状態、作者などさまざまな要素によって異なります。しかし、知識を深めることで、買取価格を上げる方法があるのです。この記事では、具体的な買取相場や高額買取のコツにつ

続きを読む

今回は絵画買取におすすめな業者6選と絵画を高値で買い取ってもらうコツについて、詳しく解説します。自分が知らないだけで、プロに目利きしてもらえば高値で買い取ってもらえたりしますので、ぜひ参考に

続きを読む