骨董品はいくらで買い取ってもらえる?高く売れるアイテムをご紹介!

公開日:2023/10/15   最終更新日:2023/10/30


骨董品は、歴史や文化を感じさせ、ロマンにあふれています。しかし、その価値を維持し、高値で売却するには知識が必要です。昔の材質でつくられた骨董品は痛みやすく、価値が落ちやすくなっています。この記事では、骨董品のなかでも、高額で売れるアイテムや高価買取のコツについて解説するので、参考にしてください。

そもそも骨董品とは?

骨董品とは、製造から100年以上が経過した手工芸品、工芸品、美術品を指します。アメリカの通商関税法においてこのように定められていますが、日本では、年代にかかわらず、主に戦前の芸術的価値の高い品物も骨董品として扱われることがあるのです。

代表的な骨董品のひとつが絵画です。日本画と西洋画に大別され、著名な画家の作品は、非常に高額で取引されることもあります。彫刻も、骨董品として貴重です。海外では石像、日本では仏像などがこれにあたります。

また、陶磁器も骨董品として代表的なもののひとつです。陶器としては有田焼や伊万里焼などが代表的であり、磁器は洋食器などに多く用いられています。

茶道具も人気です。茶道具とは、茶道の儀式に用いられる道具一式を指し、有名な作者や歴史的な偉人の所有品は高い価値があります。

さらに、100年以上前に販売されたブリキのおもちゃや人形、雑誌の付録など、生産ロットが少なく、未開封で保存状態のよい品は貴重な骨董品です。

骨董品の市場では、多様な価値あるアイテムが存在し、それぞれの歴史や芸術的な価値が評価され、活発に取引されています。

高く売れる骨董品とはどんなもの?

骨董品を高く売却するためには、価値があるのはどのようなものなのか、把握することが重要です。高く売れる骨董品の特徴を確認してみましょう。

高価な素材でつくられた骨董品は、一般的に高値で売却できます。金、銀、象牙、珊瑚、翡翠などの高級素材が使用された骨董品は、コレクターや愛好家の間で高い需要があるためです。

また、有名な作家やメーカーの骨董品も価値が高いといえます。高名な作家や有名なメーカー・工房によって制作された骨董品は、市場において高値で取引されることがよくあるのです。

骨董品自体も大事ですが、鑑定書や説明書に、作者名やメーカー名が明記されているかを確認しましょう。これらの情報は、骨董品の価値を保証し、向上させてくれます。

骨董品は、なんといっても年代物や希少性のあるものが人気です。戦前に制作された年代物や、制作数が少なく入手が難しい骨董品は、希少価値が高く高値で売却される可能性があります。

古い骨董品の中には技術や材質が失われ、再現することすら難しいものもあるため、存在自体が歴史的な価値をもち、コレクターや博物館にとって大変魅力的です。骨董品の保存状態が良好であることは、高く売れる要因です。傷や劣化が少なく、元の状態を保っている品物は評価が高まるでしょう。

これらの高く売れる要素を把握し、売却する骨董品のあたりをつけると、高値で買い取ってもらえる可能性が高まるでしょう。骨董品の魅力と価値を正確に評価することが、成功のカギです。

骨董品を高値で売る秘訣

骨董品を高値で売却するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。こちらで、高く売るための秘訣を紹介します。

まず、付属品が揃っていることが非常に重要です。骨董品の鑑定書、説明書、箱などの付属品があれば、大切に保管しましょう。これらの付属品は、作成年代や作者の情報が含まれていることもあり、骨董品の価値を証明してくれる重要な役割を果たします。

良好な保存状態を維持することも重要です。骨董品は痛みやすく、保存状態がよいほど、高値で売却できる可能性が高まります。骨董品から湿度や直射日光を遠ざけ、適切な環境で保存しましょう。劣化するとともに価値が下がるため、現在が一番状態がいいとも考えられます。売却を決めたら、状態がよいうちに査定・鑑定を依頼しましょう。

自己手入れを控えることも重要です。状態がいいものが高く売れるからといって、念入りに清掃することは避けましょう。骨董品は非常にデリケートで、自己手入れにより逆に痛めたり、傷つけたりしてしまうリスクがあります。手袋とマスクを着用し、慎重にほこりを払う程度にとどめ、専門的な手入れが必要な場合は専門家に依頼しましょう。

さらに、茶器や食器など、セットになっている骨董品はまとめて査定に出すと高値が付きやすいです。まとめて査定に出すことを検討しましょう。

中でも、専門の骨董品買取専門店を選んで査定に出すことが、もっとも重要なポイントです。骨董品買取には、専門的な知識と、長年の経験が必要になります。専門店は、市場の需要や価値を正確に評価してくれるため、高値で売却してくれる可能性が高いといえるでしょう。

出張査定などの便利なサービスを提供している場合もあります。適切な専門店を選び、高値で骨董品を売却しましょう。

まとめ

骨董品は、製造から100年以上経過した品を指し、現在では製造されることもなく、時代を経てきたロマンあふれる逸品です。骨董品の買取価格は、さまざまな要因に左右されますが、高級素材や著名な作家、古いもの、希少性などが重要なポイントです。

付属品や保存状態の管理も、高値での売却に影響します。また、骨董品の真価を見極め、適切な価格で買取してくれる骨董品専門の買取店を選ぶことも成功のカギです。貴重な骨董品を高値で売却し、次世代にその価値を受け継ぎましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

掛け軸の価値を正確に見極めるためには、買取相場を把握することが重要です。この記事では、掛け軸の買取相場の見極め方と、最適な取引を行うためのコツをご紹介します。買取相場の把握は、売り手にとって

続きを読む

日本画の買取相場は作品の種類や状態、作者などさまざまな要素によって異なります。しかし、知識を深めることで、買取価格を上げる方法があるのです。この記事では、具体的な買取相場や高額買取のコツにつ

続きを読む

今回は絵画買取におすすめな業者6選と絵画を高値で買い取ってもらうコツについて、詳しく解説します。自分が知らないだけで、プロに目利きしてもらえば高値で買い取ってもらえたりしますので、ぜひ参考に

続きを読む