思文閣の口コミや評判

公開日:2022/11/15   最終更新日:2023/06/20

思文閣の画像

思文閣
住所:〒605-0089 京都市東山区古門前通大和大路東入元町355
TEL:075-531-0001

多くの人に感動と豊かな心を与え続ける企業として活動している思文閣の特徴を紹介します。思文閣は昭和12年の創業以来、美術館や博物館のみならず、美術愛好家や古書の愛好家などと取引しています。売却を前提とした相談や査定は無料となっているので、自宅で眠っている美術品などがあれば、思文閣に査定を依頼してみましょう。

創業80年の実績と信頼

昭和12年の創業以来、1万件を超える取引を実現しています。真に価値ある美を見出すため、そして後世に日本の文化を伝承するため活動しています。

真に価値ある美を見出す

本当の価値を知っている人に売却しているのであれば問題ありません。しかし、本当の価値を分かっていない人に査定を受けてほしくないと思っています。思文閣は、真に価値ある美を見出すために、顧客から適正な価格で品物を受け取り、真に品物を求めている次の顧客のもとに送り届けたいと考えています。

伝統ある日本の文化を次の世代につなげるために思文閣は活動しています。品物の査定は思文閣に依頼してみましょう。

思文閣が選ばれている理由

創業80年の歴史があるので顧客から選ばれています。現在の代表取締役社長が3代目になります。確かな審美眼も思文閣が選ばれている理由です。

実績が評価されてテレビ出演も果たしています。多様な売却方法も支持されている理由です。一般的な現金買取だけに捉われることがありません。

査定は無料

査定点数にかかわらず売却を前提とした査定は無料です。また、売却を前提とした相談も無料です。査定の申し込みは24時間ホームページにあるフォームから受け付けています。

なお、査定を受けたい品物の数が多くてフォームに入力するのが難しい場合は、ホームページに掲載されているメールアドレスまたは電話番号に連絡を入れてください。

思文閣とは

昭和12年の創業以来、美術館や博物館のみならず、美術愛好家や古書の愛好家などと取引しています。その数は1万件を超えています。

また、海外のバイヤーに向けたオークションにも出品し、広く日本文化を伝承する役割を果たしています。ひとつのルートにこだわることなく、あらゆるルートを活用して、1人でも多くの品物を求めている顧客のもとに送り届けるように行動しています。

現金買取

公平かつ適正な金額を提示します。この際、市場の相場や動向も踏まえて価格を決定します。なお、現金での支払いとなりますが、価格に納得できた場合のみ支払いをしています。

大入札会へ出品

平均落札率はおよそ90%を誇ります。思文閣大入札会へ出品する方法があります。出品者および落札者から好評です。

最適な売却方法を提案

国内の業者に品物を販売する方法やオークションに出品する方法も踏まえて、最適な売却方法を提案します。あらゆる販売ルートがあるので、気軽に相談してください。

取り扱っているジャンル

思文閣では、美術工芸品全般から古書や古典まで幅広く取り扱っています。なお、刀剣、甲冑、象牙は取り扱っていません。専門の業者に査定を依頼してください。

日本の文化を商う企業としての3つの取り組み

日本の文化や分物を取り扱う企業としての責任を果たしています。

伝える

正当に美術品を評価して、価値あるものを後世に残したいと考えています。そのために、自宅で眠っている作品などがあれば、気軽に査定を受けてください。

広める

専門スタッフが丁寧に査定します。査定額を知るだけではなく、この機会に日本美術に興味を持ってもらいたいと考えています。広く世界に日本美術を広めて、世界にその魅力が伝わってほしいと思います。

育む

作家の創作活動にスポットを当てて、広く紹介したいと考えています。また、後進を育成することにも力を注ぎ、日本文化を伝承する後継者を育成したいと思っています。

有償で時価評価サービスも行っている

思文閣では、さまざまなニーズに対応しています。

時価評価サービスとは

美術品や古書などの時価評価を有償で行っています。相続や贈与のみならず企業の資産評価などで時価評価を要望する顧客のために、平成25年10月から料金を改定しています。

手数料

査定費用の基本料金は3万円です。査定点数が多くなればなるほど手数料が高くなります。1~10点の査定点数では10万円の手数料です。

11~50点の査定点数では20万円の手数料です。51~100点の査定点数では30万円の手数料です。なお、101点以上の査定点数では見積もり対応後に手数料が示されます。

専門スタッフの人数が増えると基本料金が高くなります。また、2日以上の査定業務の場合も基本料金が高くなります。作品の運送やスタッフの交通費も実費を請求しているので、細部は確認してください。

おすすめの美術品買取業者はこちら

まとめ

丁寧に1点ずつ査定する思文閣の査定士は、美術品の価値が本当に分かる査定士です。本当の価値が分かる査定士に品物を確認してもらうことを品物も望んでいることでしょう。査定の申し込みは電話またはフォームから可能です。フォームからの申し込みは24時間受け付けています。

次の世代に日本の文化を継承するためには、品物を求めている人のところに送り届ける必要があります。思文閣がその役割を果たしてくれます。売却方法などの詳細については、ホームページを確認してください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

金や銀の買取価格は、純度で決まります。主な金銀製品は、有名ブランドのアクセサリーや記念硬貨、銀製の美術品や骨董品などです。もちろん高額買取が可能なものもあるため、買取店を厳選することが大切。

続きを読む

彫刻作品の価値はその独自性と芸術的な要因に基づいています。作家の名声、作品の状態、材料の価値、テーマ性などが重要です。本記事では、どのような彫刻作品が高く売れるかに焦点を当て、買取時のポイン

続きを読む

陶磁器は、日本の骨董品市場において高い人気を誇る美術品のひとつ。しかし、どんな陶磁器でも高く売れるわけではなく、高値で売るには知識とコツが必要です。作家や状態に注目し、適切な売却先を選ばなけ

続きを読む

茶道具は、茶道をたしなむための道具であるとともに、美術品の一環としても高い評価を受けています。そのため、正しい知識と方法で売却すれば、意外なほどの高値がつくこともあるでしょう。この記事では、

続きを読む

骨董品は、歴史や文化を感じさせ、ロマンにあふれています。しかし、その価値を維持し、高値で売却するには知識が必要です。昔の材質でつくられた骨董品は痛みやすく、価値が落ちやすくなっています。この

続きを読む

絵画を買取する場合、「作者名」が重要な点となりますが、そのほかにも絵画の保存状態が買取の価格を左右されると言われます。絵画は材質や絵の具などのいろいろな要素でどうしても傷みやすくなってしまう

続きを読む

掛軸は、昔から日本で親しまれてきたものです。「実家に帰ると掛軸が飾ってあったりする」というご家庭もあるのではないでしょうか。ですが、掛軸が昔から存在しているのは知っていても、その価値や種類、

続きを読む

絵画の売却には税金がかかることはご存知でしょうか。絵画は投資などの目的で購入される場合もあります。しかし、税金のことを知らずに売却や投資をすると後になってから税金を払うことになります。売却に

続きを読む

骨董品の価値を出すためには、美術品に関する知識やその価値を見分ける鑑識眼が必要です。その為、一般の人が骨董品の価値を判断することは非常に難しいといえるでしょう。 ここでは骨董品の簡単な相場を

続きを読む

日本刀の所有は登録制です。先祖から継承した日本刀を持て余し、買取を考える人も多いでしょう。日本刀の買取は他の物品と違って特殊なのかな、と疑問に思いませんか。所有する日本刀に関して、相続時に説

続きを読む