大江戸美術の口コミや評判

公開日:2022/12/15   最終更新日:2023/06/20

大江戸美術の画像大江戸美術
住所:〒171-0031 東京都豊島区目白2-8-2 鶉C-4
TEL:03-5985-4081
営業時間:なし
東京都豊島区にある、大江戸美術では主に古美術や骨董品の買取を行っています。本記事では、古美術査定協会ナンバー1の実績がある企業である大江戸美術を解説します。家に眠る骨董品があるという方は査定してもらうのも一つの手段です。もし、家にある作品を一度査定してほしい方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

文化芸術・児童福祉を支える古美術再生創造会社

大江戸美術は、古美術査定することを基本としている買取専門店です。ただ、普通の買取専門店が数多くある中で、文化芸術と児童福祉も一緒にプロデュースする珍しい企業でもあります。

古物買取を通して、児童福祉施設へ美術作品を提供しています。また、映画、演劇企画の制作企画を行い古物再生創造システムの構築を実現できました。

古物再生創造会社として、古物の力を通じてプロデュースすることを可能としました。もちろん、プロデュースをすると同時に古美術・骨董品など、作品の買取も行っています。

ほかにも、蔵、相続整理、遺品整理、古家解体も行っており、古美術を通じて手広い仕事をしている企業だということが分かります。

自宅の片づけをしたいけど、後回しになっている方や先祖代々受け継がれている蔵があるけど作品の価値を知りたいという方もいるでしょう。

大江戸美術では、片付けもしながら大切なものを査定することも行っています。大江戸美術のモットーであるハートtoハートの精神で、心を込めて査定をしてくれるでしょう。

とくに、掛け軸や中国美術・茶道具は高価買取ができるようほかに負けない価格の提示が可能です。大江戸美術は、古物を通じて社会をプロデュースしている企業だということがいえるでしょう。

大江戸美術の査定方法

大江戸美術で買取を行う場合、まず問い合わせをしましょう。問い合わせ方法は、電話、メール、ラインにて受付しています。お問い合わせは年中無休で行っているため、都合のよい時間帯に問い合わせができるでしょう。

問い合わせでは、作品の状態などをわかる範囲で伝えます。また、出張料は無料で全国どこでも対応しています。査定料金は無料なため、万が一査定に納得ができない場合でも安心して査定できるでしょう。

掛軸・中国美術・茶道具の査定は業界随一

大江戸美術は、とくに掛軸・中国美術・茶道具の買取を強化しており業界随一だという自信があります。昔の作品には優しさが溢れており、心和むものが多いのも事実です。

コレクターだけではなく、先祖代々受け継がれる作品として作品を持つ方もいるでしょう。家に眠る作品をお持ちで売却を検討している方は、大江戸取り扱うジャンルの作品をぜひ参考にしてください。

書画・絵画

掛軸・日本が・洋画・浮世絵・仏画・版画・古書・葉書など

抹茶道具

茶碗・釜・花入・茶入・茶棚・家本書付くものなど

古陶器

古伊万里・古九谷・桐島・備前・萩・唐津など

塗物

硯箱、文箱、印籠、棚、膳物

作家物

・陶器~富元憲吉、北大路魯山人、板谷波山、金重陶陽など
・彫刻~平櫛田中、高村光雲、朝倉文夫、山崎朝雲、佐藤朝雲など
・日本画~横山大観、上村松園、前田青邨など
・洋画~藤田嗣治、上原龍三郎、安井曽太郎など

中国美術

絵画、掛軸、巻物、青磁、白磁など

文房具・煎茶具

硯、墨、印材、銀瓶、鉄瓶など

中国工芸

金銅物、玉器、翡翠、めのう、漆器、象牙など

家具

紫壇、黒壇、木花梨、黄陽木

アンティーク

時計、ラジオ、蓄音機、カメラ、ブリキのおもちゃなど

古道具の再生サービスも提供

大江戸美術では、買取だけではなく小道具の再生にも力を入れています。たとえば、故人が大切にしていたものを、ずっと大切にきれいなまま保管しておきたいという方は小道具の再生サービスを利用することを勧めています。

また、コレクターの方で、長く保存していたけど壊れてしまった部分があるなど些細な理由でも再生サービスを行っています。もう一度、大切な小道具に魂を込めて再生したい方は大江戸美術へ相談してみるのもよいでしょう。

また、法人や個人に関係なく、古道具の再生サービスを利用ができます。もし、気になる作品があるという方は、大江戸美術へ電話かメールにて申し込みをしましょう。

申し込みの段階で出張買取する日時が決まれば、大江戸美術のスタッフが自宅へ伺います。出張に掛かる費用などは一切かからないため、安心して作品を引き渡ことができるでしょう。

おおまかな見積金額は掛軸の修繕が5万円~、焼き物のお直しが1万円~、小道具の再生が5,000円~です。まずは、大まかな金額と自分が持つ作品を照らし合わせてから、問い合わせするとよいでしょう。

見積金額に納得ができたら、心を込めて丁寧に修繕をします。修繕後は、作品のお渡しとなるので引き続き大切に保管しましょう。

おすすめの美術品買取業者はこちら

まとめ

本記事では、大江戸美術の特徴や小道具を通じて行っている文化芸術・児童福祉に関することを解説しました。数多くの買取業者が存在する中で、大江戸美術は古美術再生システムが円滑にいくように働きかける企業でもあります。

自宅に眠る作品がある方や、小道具を直してほしいと考えている方は一度大江戸美術に相談してみる方法もあります。本記事が、買取や小道具の再生を検討している方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

金や銀の買取価格は、純度で決まります。主な金銀製品は、有名ブランドのアクセサリーや記念硬貨、銀製の美術品や骨董品などです。もちろん高額買取が可能なものもあるため、買取店を厳選することが大切。

続きを読む

彫刻作品の価値はその独自性と芸術的な要因に基づいています。作家の名声、作品の状態、材料の価値、テーマ性などが重要です。本記事では、どのような彫刻作品が高く売れるかに焦点を当て、買取時のポイン

続きを読む

陶磁器は、日本の骨董品市場において高い人気を誇る美術品のひとつ。しかし、どんな陶磁器でも高く売れるわけではなく、高値で売るには知識とコツが必要です。作家や状態に注目し、適切な売却先を選ばなけ

続きを読む

茶道具は、茶道をたしなむための道具であるとともに、美術品の一環としても高い評価を受けています。そのため、正しい知識と方法で売却すれば、意外なほどの高値がつくこともあるでしょう。この記事では、

続きを読む

骨董品は、歴史や文化を感じさせ、ロマンにあふれています。しかし、その価値を維持し、高値で売却するには知識が必要です。昔の材質でつくられた骨董品は痛みやすく、価値が落ちやすくなっています。この

続きを読む

絵画を買取する場合、「作者名」が重要な点となりますが、そのほかにも絵画の保存状態が買取の価格を左右されると言われます。絵画は材質や絵の具などのいろいろな要素でどうしても傷みやすくなってしまう

続きを読む

掛軸は、昔から日本で親しまれてきたものです。「実家に帰ると掛軸が飾ってあったりする」というご家庭もあるのではないでしょうか。ですが、掛軸が昔から存在しているのは知っていても、その価値や種類、

続きを読む

絵画の売却には税金がかかることはご存知でしょうか。絵画は投資などの目的で購入される場合もあります。しかし、税金のことを知らずに売却や投資をすると後になってから税金を払うことになります。売却に

続きを読む

骨董品の価値を出すためには、美術品に関する知識やその価値を見分ける鑑識眼が必要です。その為、一般の人が骨董品の価値を判断することは非常に難しいといえるでしょう。 ここでは骨董品の簡単な相場を

続きを読む

日本刀の所有は登録制です。先祖から継承した日本刀を持て余し、買取を考える人も多いでしょう。日本刀の買取は他の物品と違って特殊なのかな、と疑問に思いませんか。所有する日本刀に関して、相続時に説

続きを読む